男ウララの旅ぶろぐ

日本の地域の魅力を発信します。

"いなかっぺ"の活動で2年ぶりに石狩市厚田区へ

2/9まで就活のために1週間ほど東京におりましたウララです。

さすがは太平洋側といったところでしょうか、東京は空気が乾燥しており青空静電気がすごかったです(小並感)。あと電車の本数(ラッシュ時3分に1本!)と長さ(JRはだいたい15両編成)と混雑(特に山手線品川到着直前と東急東横線特急Fライナーはやばい)がなんかもうすごかった。

いや、ちゃんと就活らしいことはしましたよ!朝7時起床を1週間続けるなんて高校生以来でした(;^ω^)

さて、9日夜に札幌へ帰って来て、翌日に路線バスで厚田へ移動しました。サークルのみんなは7日に厚田入りしてましたから、ずいぶん遅れての参戦です。

f:id:blueskybluenaoto:20180213155811j:plain

まず、厚田はどんなところか説明します

f:id:blueskybluenaoto:20180213152741j:plain

f:id:blueskybluenaoto:20180213152753j:plain

(今回もGoogleMapの世話になります)

札幌から路線バスで90分。途中の石狩市中心部までの本数は多いのですが厚田まで足を伸ばすのは1日たったの5本です。

日本海に面しており、冬から春のこの時期はニシンがたくさん獲れる漁村です。江差の五月は江戸にもない、という言葉がありますが北海道の日本海側の漁村はかつてニシン漁で賑わいました。しかし現在はかつてのようにニシンが獲れず人口減少が著しい地域がたくさんあり厚田もその1つです。厚田より少し北へ行くと増毛(ましけ)、留萌(るもい)といった町がありそれらより田舎にした感じです。(留萌線廃線は全国ニュースになったので増毛と留萌は鉄道マニア以外も耳にしたことがある町かもしれません)

あと、夕日がきれいな場所です。厚田公園展望台からは絶景らしいのですが僕は今回も見ることはできませんでした・・・冬は天気が悪いので夏に来いとのことです(´・ω・`)

 

さてなぜ僕が厚田へやってきたかと言うと・・・

地域土着型サークル「いなかっぺ」 - 投稿 | Facebook

僕が所属するサークル"いなかっぺ"の活動で、厚田のウィンターレクのお手伝いに行くことになったからです。今回は10名ほどが参加しました。いなかっぺについては↑のページ見て感じ取ってください!笑 一言で言えば田舎へ行って田舎を盛り上げる、田舎を楽しんでその良さを周りに伝えるサークルです。

ウィンターレクでやったことは

・現地の子供たちによるスキーの回転競技

雪像作り

・人間カーリング

・そりすべり

・屋台

・ビンゴ大会

でした。屋台やテントの準備、ソリ用の道づくりなどのお手伝いをしました。

レク当日の厚田公園の雰囲気はこんな感じです!↓

f:id:blueskybluenaoto:20180213155727j:plain

f:id:blueskybluenaoto:20180213155732j:plain

f:id:blueskybluenaoto:20180213155741j:plain

f:id:blueskybluenaoto:20180213155745j:plain

f:id:blueskybluenaoto:20180213155750j:plain

f:id:blueskybluenaoto:20180213155843j:plain

f:id:blueskybluenaoto:20180213155943j:plain

気温は氷点下、風も強く非常に寒い中での開催でしたが、ずっと厚田の方々の温かみを感じられたおかげで、そして2年前の反省で6枚もしっかり着込んだことで寒さは感じませんでした。2時ごろにレクが終わると撤収作業に入り、4時から懇親会が行われました。

f:id:blueskybluenaoto:20180213161108j:plain

写真はニシンの刺身と望来(もうらい)豚です。望来は厚田の一地域です。望来の豚は道内でも知名度が高くないので何か力になれたらいいなあ、とかいろいろ思いつつ3時間にわたりしゃぶしゃぶと刺身とお酒を楽しみました。厚田の方は本当に温かく、僕たちのことを待ってくれていました。

 

タイトルに2年ぶりとありますが、昨年はサークル存亡の危機にあり行くことが出来ませんでした。2016年の秋にサークルの方針に嫌気がさした同期が3人抜け、僕と1つ下の後輩Nくんだけという危機的状況。いなかっぺはサークル外からも学生を呼んで夏休みに仁木町に泊まり込むイベント”夏企画”がメインなのですが、2人では確実に回せない。でも、「このサークルを残したい!

2017年4月。後輩の彼は他の団体が忙しくほとんど力になれないと聞いていたので、ほぼ一人で新歓を行いました。札幌の4月はまだまだ寒いも咲いていません。手がかじかむ中でビラを配り続けました。僕が所属する北大カーリングサークルは1学年10人以上いるのでシフトを組んで効率的に配ることができますが、こちらはたった1人。カーリングサークルの人にも協力をお願いしつつとにかく配りまくった。その結果、1年生が(幽霊部員を除いて)8人入りなんとか存続にこぎつけました。また存続したということで、同期の1人Tくんが帰って来てくれました。

夏企画はみんなの協力のおかげで、参加者やイベント数が過去最高のものになりました(^◇^)それはよかったのですが、せっかく有望な1年生がたくさん入ってきてくれたにもかかわらず、僕には 後輩のために! という気持ちが欠けていました。その結果、夏企画が終わるころに2人の1年生女子がサークルをやめると告げてきました。他にも事情があったのでしょうが、僕のbeingが良くなかったがために彼女らに時間を使わせただけの経験、満足を与えてあげられなかったのだと思います。一方で、後輩Nくんが夏企画中の勧誘の甲斐あって、4人の1年生が入ってくれました。現在、サークル員は参加率の低い人ふくめ17人です。

このような紆余曲折あって、再びサークルとして厚田にやってきたのです。

 

今回は新たに代表に就任した後輩Nくんと厚田とのコネクションを持つ同期Tくんが中心となって運営してくれました。僕はというと、何もしてません 笑

そもそも就活でいつまで東京にいようか、札幌での就活の用事も出来るかもしれない、そもそも1週間も東京で就活してたら厚田へ行かず札幌で休憩したいかも、ということでギリギリまで決めかねていましたから参加しない可能性も大いにありました。

それでもせっかくの機会だから、就活の息抜きにもなるだろうということで厚田へ。

到着すると、前日のミーティングで使われただろう黒板が目に入りました。

 

f:id:blueskybluenaoto:20180213170508j:plain

朗報 明日ウララ来るよ(^○^)!

 

 

 

 

このサークルを残したい!

サークルのみんなはそんな僕のワガママに付き合い、厚田で僕の到着を待っていてくれました。ほんとうに来てよかったな。ちょっと泣きそうになりました。

残る学生生活は1年ちょっととなりましたが、厚田の皆様、サークルのみんな、これからもウララをよろしくお願いします!

JobTryoutに参加してきた。2回目。

ジョブトライアウト。数ある就活イベントの中でもトップクラスにヒリヒリする。

rebe.jp

 

一言で言うとビジネスゲームをやって企業の人事の方に成績を付けてもらうイベント。プログラムは3部構成で、最初は企業の方が会社をプレゼンして学生が順位付けをする。

続いて、1~2時間のビジネスゲームを学生がチーム対抗で行う。ゲーム中、企業の人事は学生の行動を細かく採点する。ゲーム終了後にチームの結果発表と企業の方との座談会。これでイベントは終了。

そして、最後帰る時に、個人成績表を受け取る。なんと順位が出てくる。順位のついた成績表を見るなんて大学受験時代の模擬試験以来だ!という学生も多いと思う。1位の人もいれば最下位の人も必ずいる世界。

あー思い出すだけで緊張します。

ちなみにジョブトライアウトは6種類のビジネスゲームがありそれぞれ1回ずつ参加可能。

僕は1月に大阪で初めて参戦したので今回は2回目でした。1回目の結果はビリではなかったが学生40人程の中で下位1/3に入るという苦い結果に終わった。今回はそのリベンジで東京へやってきた面もある。目標は平均以上に入ることだった。

 

結果は39位/78人。・・・・・・・・・・・・・・・・

まん真ん中じゃん!!!笑

ちなみにチーム順位もど真ん中でした。笑

 

ちなみに初めてビジネスゲームをやったときは某メガベンチャーの1次選考会で、ほんとに何にもできなかった( ;∀;) メガベンチャーの人事の方は、社風に合うとか、理念に共感できるとか、能力よりそっちのほうが大事なんだよって言うけれど、ビジネスゲームを突破する能力がないと論外であり、面接をする権利なんて与えらんねーわ、という現実を知った。

今なら少しは戦えると思います、もう遅いけど。その企業はもう2度と新卒として採用の対象にならないのですから時すでにお寿司。この事実を忘れてはいけない。

現在、ようやく真ん中にたどり着いた。しかしまだ真ん中でしかない。あと2回、2月札幌開催のものに参加するので、そこでは上位1/4、そして1位になれるよう頑張ります。

 

最後に、就活のことを書くのは性に合わないと感じているから、今後もJobTryout以外は書きません。というのも就活ってうまくいっても失敗続きでも、どっちに転んでも読み手がいい気分にならないことが多い。少なくとも4年生になってfacebookに喜々として就活エピソードを書いたり、頼んでもないのに後輩にとーってもありがたーいアドバイスを送ったりするのは嫌悪感があります。お金積まれたら別ですがね(*‘∀‘)

JobTryout札幌編、お楽しみに。

ブログを見れば自分勝手な人間かどうかわかると聞いて震える

ブログとはきわめて私的な事柄を不特定多数の人間に公開するためのツールです。

そのため、書いてる自分は書こうとしていることを分かりすぎているために、必要な説明を省き、はじめて見た人にはまったく伝わらない記事になることがよくあるそうです。

そんな記事ばかりを書いていると、ああ彼は相手のことを思いやることができないんだな、と思われてしまう。仕事でもきっとそうなんだろうなと思われる。うわーおそろしい。

駅紹介の記事では、いきなり○○駅と言われてもピンとこない人がほとんどだと思いますので(特に北海道の田舎の駅)、グーグルマップを使ってだいたいどのあたりにあるのかを示し、簡単な町の紹介もするようにしていますが、十分だったのか?

また鉄道マニアらしい内容も入れたいと考えているのですが、そもそもこのブログは誰に読まれているのでしょうか?鉄道好きが読んでくれているというより、サークルや学校の知り合いが読んでくれてるようです。だったらもっと平易なことを書くべき?でもそれでは何も面白くないわけです。

幸い、現代ではブログでもyoutuberでも参考にできる人がたくさんいますので、目的意識をもって彼らを見ることにします。

 

前田塾でエクセルのスピード10倍に! ~Ctrlの使い方~その2

f:id:blueskybluenaoto:20180128163349j:plain

この表をすべてうめるには・・・

f:id:blueskybluenaoto:20180128163517j:plain

から、←、Ctrl+↓で消費税額の一番したまでジャンプ

f:id:blueskybluenaoto:20180128163656j:plain

→、Ctrl+Shift+↑で売上金額を全選択

f:id:blueskybluenaoto:20180128163830j:plain

ここでCtrl+V・・・ではなくCtrl+Dを押す!

 

f:id:blueskybluenaoto:20180128164340j:plain

できました!

www.maedajuku.com

 

 

 

前田塾でエクセルのスピード10倍に! ~Ctrlの使い方~その1

f:id:blueskybluenaoto:20180128152610j:plain

ここで右クリック、コピーでは手間なので・・

Ctrl+Cを押す!

f:id:blueskybluenaoto:20180128152820j:plain

このあと、貼り付けたい場所を選んで、右クリック+貼り付けでもいいけど手間なので・・

Ctrl+Vを押す!

f:id:blueskybluenaoto:20180128152958j:plain

ここまで来て、「あ、やっぱやめた!」となったら

Ctrl+Zを押す。さらに、「やめたのキャンセル!」って思ったら

Ctrl+Yを押すともとに戻る。

いったんここまで!

www.maedajuku.com

朝起きたら晴天だったのでサッポロテイネスキー場へ

こちら札幌市手稲区でございます。朝起きたら晴天でしたので、授業がないこともあって急きょスキー場へ行くことにしました。

f:id:blueskybluenaoto:20180125111201j:plain

出典:Google マップ

f:id:blueskybluenaoto:20180125100158j:plain

晴天の手稲駅。気温は高く雪がぼたぼたと溶けていました。

f:id:blueskybluenaoto:20180125100206j:plain

f:id:blueskybluenaoto:20180125100211j:plain

しかし、山に着くころには曇り。ゲレンデの下の方では街が見えたりぼやけたりの繰り返し。山頂付近はずっと雪が降っていました。あと、すっごい寒い。山頂はマイナス13℃。スキー用手袋はしていたのですが手が凍りそうに。

f:id:blueskybluenaoto:20180125100217j:plain

しかし、午後になると晴れてきて街がはっきりと見えるようになりました。ゲレンデの下の方ではちょうど手稲区がきれいに見渡せました。

f:id:blueskybluenaoto:20180125100246j:plain

授業でスキーに来ている小学生「めっちゃきれい!」

シティービューもなかなかいいですね。

f:id:blueskybluenaoto:20180125100251j:plain

f:id:blueskybluenaoto:20180125100255j:plain

↑ 写真中央下部の古墳?的なものが2つ隣接しているように見える空間が稲積公園です。古墳ではないです。稲積公園に下(山側)に接するようにJRが走っていますがさすがに電車は見えませんでした。トレインビューのスキー場があれば教えてほしいです・・・

 

f:id:blueskybluenaoto:20180125100259j:plain

f:id:blueskybluenaoto:20180125100306j:plain

f:id:blueskybluenaoto:20180125100310j:plain

この写真では分かりにくいですが、山頂からは札幌の都心も確認できます。手稲区と比べると高層ビルやマンションが明らかに多いのですぐわかりました。

f:id:blueskybluenaoto:20180125100313j:plain

の風景も楽しめます。

f:id:blueskybluenaoto:20180125100319j:plain

もしっかりと見えます。

f:id:blueskybluenaoto:20180125100317j:plain

山頂の店でぬくぬくと晴れるのを待っていたら、3時ごろついに札幌市全体が見渡せるようになりました。粘ってよかった^^

札幌駅、札幌競馬場、北海道大学中央区役所まで確認することができました。

f:id:blueskybluenaoto:20180125100323j:plain

駅⇒スキー場のバスは平日5本。なのにスキー場⇒駅のバスは平日3本。3本ですよ!絶対的にも相対的にも少ないわけです。全てのお客さんがギリギリ乗り切ることができましたが、積み残し寸前でした。山頂のハイランドが1日3本なだけで1つ下のオリンピアはさらに遅い時間にもバスがあるのですが、17時に乗れなければ2時間後です。

バスで来た客は原則バスで帰るのだから、もう少し配慮してもいいと思います。

札幌駅からJRと路線バスで1時間で来れて、山と海と街並みが楽しめるサッポロテイネ。コース、リフトも多いので僕みたいな景色目的でない普通の人にとっても優れたスキー場だと思います。さあ次はどこに行こうかな。

全20色 インナー付 スノーボード スキー グローブ スノーボードグローブ スキーグローブ メンズ スノボ スノボー スキー スノボグローブ スノボーグローブ スノーグローブ 手袋 5本指 激安 PG-03 PONTAPES ジュニア キッズ レディース ウェア もあり

価格:2,970円
(2018/1/25 11:27時点)
感想(1559件)

 

 

東京の鉄道が大雪で混乱しているので、雪国のたくましい鉄道の写真はってく。

写真をひたすら貼っていく。全てウララ自身が撮ったものです。f:id:blueskybluenaoto:20180122222036j:plain

石狩当別

f:id:blueskybluenaoto:20180122222057j:plain

@鹿ノ谷駅

f:id:blueskybluenaoto:20180122222106j:plain

f:id:blueskybluenaoto:20180122222114j:plain

秩父別駅

f:id:blueskybluenaoto:20180122222126j:plain

@江部乙駅

f:id:blueskybluenaoto:20180122222137j:plain

f:id:blueskybluenaoto:20180122222145j:plain

稚内

f:id:blueskybluenaoto:20180122222150j:plain

f:id:blueskybluenaoto:20180122222201j:plain

@網走駅

f:id:blueskybluenaoto:20180122222209j:plain

@桂台駅

f:id:blueskybluenaoto:20180122222217j:plain

@茅沼駅

f:id:blueskybluenaoto:20180122222232j:plain

f:id:blueskybluenaoto:20180122222238j:plain

岩見沢

f:id:blueskybluenaoto:20180122222245j:plain

長都駅

f:id:blueskybluenaoto:20180122222250j:plain

滝川駅

f:id:blueskybluenaoto:20180122222301j:plain

f:id:blueskybluenaoto:20180122222314j:plain

滝川駅~東滝川駅

f:id:blueskybluenaoto:20180122222323j:plain

f:id:blueskybluenaoto:20180122222334j:plain

小樽駅

もうすこし雪国を巡りたい。