男ウララの旅ぶろぐ

日本の地域の魅力を発信します。

妹背牛ミックスに参加しました!(帰宅編)

妹背牛ミックスの続きです。

帰宅の前に嬉しかったことひとつ。もせみには帯広畜産大学カーリング部からも複数チームが参加していて、中には知り合いの方も複数いました。前回お会いしたのが一番近い方で1年前と、ずいぶんブランクがありましたが僕のことを覚えててくださいました。進路まで伝わっててびっくり(・□・;)

学生大会には参加しませんが畜大戦はもしかしたら参加するかもだし、卒業後も道内のどこかにいるので今後ともよろしくお願いします。

さてさて、帰宅のお話。2日目1試合目に負けグループリーグ突破の可能性がなくなりました。そのまま帰っても面白くないわけで、車なしでもどこかに行けないか?作戦会議が始まりました。

旭川旭山動物園に行きたい」「今から行っても閉まってるね」「なんならもう1泊する?」「大会前に計画して行くべきだったな」

「滝川は何がある?」「グライダーの町」「松尾ジンギスカンの本店がある」「飛行場があるけど冬季休業か…」

「砂川は?」「夏はサイクリングできる公園がある」「わかさぎ釣りが出来るけど高そう」

「バッティングセンターとかは?」「それもう札幌のスポッチャでいいのでは」「てか札幌近くしかないやん!」

「温泉入りたい」「安いだけなら桑園のたまゆらでええけど…」

言葉遣いは違いますがこんな会話が続いていました。すると

「三笠天然温泉太古の湯?めっちゃ良さそうな名前!」

口コミ評価は高く、岩盤浴つきという特別感。それでいて岩盤浴混みで800円台と学生にも優しい。場所は札幌と妹背牛のちょうど中間で寄り道には最適。最寄り駅から2.5キロと駅から徒歩でのアクセスもよい(ん?)し言うことないですね。

 

というわけで峰延(みねのぶ)駅という無人駅で下車し、カーリングブラシと米をかついだ5人組は歩行者0の国道を歩きました。街灯や車の通りはあったので寂しくはなかったです。

f:id:blueskybluenaoto:20190115011949j:plain

夕方6時で外は真っ暗、気温はマイナス10℃いかないくらいでしょうか。重い荷物をかついで雪道を歩くなんて軍隊の訓練みたいですが、当日朝8時の妹背牛はマイナス18℃、鼻と髪と眉が白く凍り付き指先と耳が痛み出す極寒の中、耐え難きを耐え、忍び難きを忍び妹背牛駅からカーリングホールまで歩ききった5人。夜の三笠の寒さに完全勝利し35分歩いてついに到着!

www.clh-kk.com

立派なホームページですが、実物はもっと立派でした。

僕は露天風呂と人生初の岩盤浴を存分に楽しみました。

食事も豪華かつリーズナブル。ブログに書くからとかそういうことではなく、本当に文句の付け所がない素晴らしい施設で、浴室もレストランもたくさんの地元客で賑わっていました。大きな駐車場にはたくさん車が停まっていました。そんな中、駅から徒歩でアクセスする客は我々だけでしょうな(;^ω^)

帰りはさすがに疲れており、気温も低いということでタクシーを利用しました。6社くらいに電話しましたが大人5人が乗れるタクシーはなかったので、4人はタクシーで、徒歩希望者1人(うらら)が荷物をタクシーにたくし、徒歩で峰延駅に戻り、無事に5人は22時台の終電に乗車したのです。

この温泉は近くにパークゴルフ場もあるし、日中は岩見沢駅からバスもあるので、少し豪華なレクを開催したくなったら、ここでしょう。

こうして、1日目朝6時の始発から2日目の終電で帰るまでの、長い長い2日間が終わりました。

 

妹背牛ミックスに参加しました!(レセプション、カーリング編)

1/12~1/13に開催された妹背牛ミックス(もせみ)に参加しました。レセプションとカーリングについて振り返ります!

チーム名は「うらたさんとゆかいな仲間たち」で2~4年目のサークル員で組ませていただきました。この大会は年末年始の帰省や成人式と被る時期に開催されることもあり、僕は4年目にして今年が初参加でした。
試合の方は僕が出た試合は1分2敗、僕はドローを指示通り投げられず大ショート連発でした、ごめんなさい(-_-;)

しかし僕がリザーブだった最終戦は、度胸のある後輩スキップの活躍で勝利し有終の美をかざりました。


さてさて、この大会の面白いところは1日目夜のレセプションです。ホテルに出てくるような立派な食事とビールを食べるのみならず、早食い競争とビンゴ大会がありました。早食いではシフォンケーキで多数チームが水分不足で終焉していました。僕が食べたどら焼き
はとても美味でしたよ(*^^*)

ビンゴ大会はチームとしてはなかなかの結果でした。米が1人、ユニフォーム1人、100均グッズが3人(うち浦田1名)でした。

f:id:blueskybluenaoto:20190114114015j:plain

中にはカニもあったようですが、僕らは車がないので、他のチームが当選してホッとしました。うっかり当たってしまうと人力型JR貨物になってしまいますからねー(;^ω^)

 

景品の大部分は妹背牛の米でした。妹背牛は米の産地で夏に来ると一面に田んぼが広がります。妹背牛カーリング協会員には農家も多いそうで、たくさんの米を提供していただきました。町長の言葉からも、妹背牛の特産品である米とカーリングへの熱い想いが感じられました。


僕は北大カーリングサークル以外に、「いなかっぺ」という田舎、農村へ行って農家や地域の方と活動するサークルに入っていて、イベントのお手伝いの後の飲み会、打ち上げで農村ならではの人と人の距離の近さ、暖かさを感じてきました。今回のレセプションでも協会や町のリーダーが自らビールをもってテーブルへ行きたくさんの選手と話をしてまわるなど、距離の近さを感じることができました。


2日目は予選敗退チームの選手を対象に、米をかけた個人戦米ドローが行われました。(ちなみに稚内で開催されるノシャップ杯ではカニをかけたカニドローが行われますので興味ある方はぜひ)
気になるその結果は・・・

なんと!中心からわずか4cmにつけ全体2位に!米10kg獲得しました!(^^)!

申し訳程度のスイープが結果オーライでした(試合ではもう少し腰を低くし力をこめているつもりです・・・)
僕は食事が出る学生会館に住んでいるため自分でご飯を炊くことはありません。よって、今度の「いなかっぺ」の活動に持っていこうと思います。


帰宅編もお楽しみに!

一人旅の唯一の欠点

あけましておめでとうございます(遅

長い鉄道旅行と実家での一休みを終えて札幌に戻ってきました。いやー長かったですよ、12/19に成田空港入りして、銚子電鉄に乗り、勝浦の刺身を食べ(これについては今後書く予定)、小湊鉄道で我慢が出来そうな顔している小学生を見たり(これも今後書きます)、東京で友人に会い(今回もお世話になりました(>_<))、箱根から富士山を眺め、熱海ではアップダウンの激しい町をバス代ケチって7キロ歩き足が終焉しつつも温泉に入り、静岡では大井川鉄道で古き良きお茶の村を楽しみ(これも今後)、下呂では露天風呂から特急列車を眺め、高山で食べ歩き、バスで雪が降る中夏靴で世界遺産の合掌造り集落を見に行き(写真だけでもまとめようかな)、富山では海鮮を食べ財布がいよいよスカスカになり、能登半島和倉温泉に入り(日帰り温泉については色々思うところがある)、金沢をバスで周遊し、実家神戸に戻りました。

そこでは飽き足らず、翌日早朝のフェリーで小豆島に行き、電動自転車でバッテリーと体力を犠牲に無理やりロープウェイなしで登頂したり(今後書くかも?)、香川では琴平の階段を登ったり丸亀でうどんを食べ、今治ではちょろっとしまなみ海道のサイクリングをして、松山の道後温泉に行き、高知ではマグロのたたきを食べる金がないので手羽先で妥協したり、鍾乳洞に行ったり、徳島では祖谷のかずら橋という秘境に行き、瀬戸大橋を渡り、豪雨から復興した倉敷に立ち寄り、帰省ラッシュの岡山を経由し実家の神戸に戻りました。12日間の旅でした。

 

みんなでワイワイとはしゃいで旅行するのも大好きなのですが、長期になるほど一人旅もいいなあと感じます。というのも、長期だと計画を立てるのが大変だし、長期になるほど予定の急な変更も可能になり、ついつい予定をいじりたくなります。今回も箱根の天気が良かったため予定より長居したり、浜松でわずかな乗り換え時間で閉店セールの半額餃子を買って大急ぎでホームに戻ったり、高知で急遽鍾乳洞を追加したり、前日まで特急に乗る予定だったのに当日早起きして和倉温泉~神戸の350キロを鈍行列車で移動したり小豆島では無理やり自転車で登山したり・・・1人だから許されることがたくさんありました。特に350キロを普通列車なんて、10人友達がいたら7人は反対して2人は怒って離脱し1人は今後僕の前に姿を現さなくなるでしょうね。

そんな悠々自適な一人旅ですが、一つ大きな欠点が。

それは、食べ物をシェアできないこと。

 

富山県、氷見(ひみ)に行ったときのこと。

 

海鮮丼とあら汁がセットで1500円だったのですが(安い!)、それには寒ブリがついていません。

f:id:blueskybluenaoto:20190110225457j:plain

f:id:blueskybluenaoto:20190110225514j:plain


店の方に聞いたところ、セットに加え寒ブリを単品で頼む人が多いそう。

寒ブリ、8切れ、1500円!

朝から3000円が吹っ飛びました~

いや、クオリティを考えれば全然安いのですが。寒ブリ2切れでよかったよなあ。4人で旅行してれば・・・と思った瞬間でした。

しかし、これはまだいいです。

箱根に行った時のこと。大涌谷で、名物「黒たまご」が売られていました。5個で、500円。ばら売りはありません。

 

f:id:blueskybluenaoto:20190110230027j:plain

 

ばら売りはありません。

 

 

 

 

 

 

ちょ、ちょーい!1人で5個全部食べろってこと!?それもうお昼ご飯ですやん!?美味しいけどさ・・・

 

 

箱根に1人で向かわれる方は、名物黒たまごを5つ食べるか1つも食べないかの選択に迫られますので、友人の同伴もご検討くださいませ。

 

f:id:blueskybluenaoto:20190110230049j:plain

箱根関所から少し歩いた場所から撮影。関西出身北海道在住の身としては、富士山は遠い存在で、実物を見るとやっぱりすごいなーと思ってしまいます。

 

水泳教室のお手伝いに行った話

先週の日曜日のこと。

単発で、水泳教室のボランティアに参加してきました。

場所は豊平公園温水プールです。

 

f:id:blueskybluenaoto:20181213100324j:plain

https://www.shsf.jp/toyohira-p/floorguide/

 

プールには入りますが自分がガンガン泳ぐのではなく、担当した選手とおしゃべりしたり体調が悪くないか様子を見るのが仕事でした。ただ何度かバタ足やクロールで競争することがありました。自分の技術は25メートル最低限泳げる程度ですが、久しぶりの水泳はなかなか楽しかったです。(昔はもう少し上手に息継ぎできた気がするけど)

 

さて、この日は計測の日だったようで、練習の最後に選手は25メートルを計測することになりました。

 

僕ともう1人のボランティアはストップウォッチを持たされ、ゴール地点に立ちました。カーリングのスキップみたいですねえ。

 

次々と泳いでくる選手のタイムを計りました。みんな速い。

しかし、中には疲れで失速する選手もいます。

 

隣のボランティアが「がんばれ、がんばれ!」と声を掛けます。

僕も応援しないと!

 

「がんばれがんばれ、のばしてのばして、いぇす!やっぷ!はりーー!!!」

 

 

職業病 で し た。

小学生向け科学教室のボランティアに行ってきた

今日は月寒へ行きました。といってもカーリングではなく・・・

f:id:blueskybluenaoto:20181111221653j:plain

コミュニティーセンターです。今日はここで子ども(主に小学生)向けの科学実験の講座が開かれており、そのお手伝いに行きました。

中学高校の理科の先生や、科学同好会のボランティアにより10を超える実験ブースがありました。僕がお手伝いしたブースは、水の入ったコップに水がこぼれそうになるまでおはじきを入れるという、水の表面張力を体験する実験でした。

f:id:blueskybluenaoto:20181111222136j:plain

f:id:blueskybluenaoto:20181111222211j:plain

水の表面張力、つまり水の分子間に力が働くことで、コップの高めいっぱいよりもさらに多く水が入ります。

f:id:blueskybluenaoto:20180927213831j:plain

↑わかりやすく言うとこんな感じです(白目)(絶望)

詳しいメカニズムはwikipedia先生に聞いてください。

表面張力 - Wikipedia

 

すでに9割7分くらい水が入ったコップを見て、「おはじきをいくつ入れたら水があふれるかな?」と聞いて予想してもらい、実際におはじきを入れてもらうという単純な作業ですが、子どもたちの予想以上におはじきが入ることが多く、みんな驚いた様子でした。

中には「これ表面張力でしょう?」と突っ込みを入れてくる子が何人もいました。こういうところへ足を運ぶくらいだから、興味があって勉強してきたのでしょう。この年齢で科学に興味を持てるのは本当にすごいと思います。「勉強していればいつか好きになるだろう」と信じ続けるも、好きになる努力はしなかったため大学生になってもやはり何の興味も持てずついに文転した身です。(その代わり幼稚園に入る前から阪急西宮北口駅に何度も足を運びましたが。興味って自然発生なのかな)

 

感想ですが、まずは単純にいろんな実験装置を見れて楽しかったです。

f:id:blueskybluenaoto:20181111230658j:plain

f:id:blueskybluenaoto:20181111230711j:plain

テレビで見る”あれ”を生で観れてよかった。他にも顕微鏡、スライム、電気分解の装置があり懐かしく感じました。

 

また、子供たちの反応が興味深かったです。普段は個別指導塾の先生として小中学生にお勉強を教えています。塾の先生でも今回でも子どもたちに「今日来てよかったな」と思ってもらうことを目標にしているのですが、今回は座学ではなく実験ということで、座学にない「意外性」が子供たちをよりワクワクさせていたように思えました。

 

最後となりましたが、このお手伝いに誘っていただいたボランティア室の担当の方に感謝申し上げます。札幌はこのような科学教室が多いそうで、また機会があればぜひ参加したいと思います。

ボランティア室を訪れた時に話題になった”かぼちゃケーキ”のレシピも今日紹介していただきましたので、近いうちに挑戦してブログに載せようと思います。

 

ウララのしっかりうっかりクッキング③あずきと抹茶のマドレーヌ

こんにちは。まずはこちらの動画をご覧ください。

 


矢野の引退試合を台無しにしてしまった藤川球児

 

うっかりクッキング、第二回時点ですでに反響がしょーもないことに気づきつつありますが、作りたいもの一通りやるまでは継続します。

 

第三回は、余った抹茶を活用する&パサつかないものが食べたい、ということで、抹茶マドレーヌを作ることにしました。

今回参考にしたのは

https://cookpad.com/recipe/5252151

です。


f:id:blueskybluenaoto:20180927213358j:image

まず、卵とオリーブオイルをまぜ

f:id:blueskybluenaoto:20180927213431j:image

ホットケーキミックスを入れます。砂糖はレシピに入ってないけどいいのかな?


f:id:blueskybluenaoto:20180927213516j:image

あずきを入れます。量は、でた、"適量"。だからさあ、その適量が分からないからレシピ見てるのにい!


f:id:blueskybluenaoto:20180927213637j:image

さらに抹茶を投入。抹茶も"適量"。だからさ(ry


f:id:blueskybluenaoto:20180927213741j:image

型には8割くらい入れるとのこと。うん、それっぽくなってきた。温めるとちょうどいいくらいに膨れるということだろう…

 

 

 

 

そして、レンジへgo!

 

 

 

 

 

 

型「いくな、いくな、超えるな!」

 


f:id:blueskybluenaoto:20180927213831j:image

 

生地「ああああああああ!!!!」

 

 

 

 

大爆発&大終焉

 

 

 

 

8割だと完全にオーバーでした

また、5つ一気にやると、明らかに熱が伝わらないところが。カーリングなら一気に5得点ですが、カップケーキでは3点くらいで我慢して次のエンドで追加点を狙う方が良さそうです…

2試合連続のエキストラエンドの後(オーブン加熱の追加)、1つ食べてみると…

 

あんこが少ない!

とにかく甘さが足りない!!!

 

パサつきは全くなかったのが唯一良かったところ。しかし、美味しくはない。

型にいれるの手間だったのに、あんな爆発するとはなあ。

近いうちにリベンジしよう( 一一)

 

ウララのしっかりうっかりクッキング②ホットケーキミックスを使ったお抹茶パウンドケーキ

こんにちは。記念すべき第一回の紅茶のパウンドケーキは初回にしてはなかなかの出来でした。

第二回は大きく背伸びはせずにパウンドケーキを作ります。味は抹茶

当初の予定では、1回目に紅茶を入れたところを抹茶に変えれば、材料の無駄がないし楽でいいんじゃね?と思ったのですが

・工程が同じだと料理スキルの成長がないしブログに書くまでもない

・抹茶の量が分からない(マイマミーにLINEで相談したところ、お菓子は分量命だから完成されたレシピの通りにやるべきというお言葉)

ということで、全く別のレシピを探してきました。

今回は

cookpad.com

を参考にさせていただきました。

 

ホットケーキミックス、卵、砂糖、抹茶パウダー、オリーブオイル、ベーキングパウダーを混ぜる!

f:id:blueskybluenaoto:20180925222732j:plain

 

すべてスーパーで買いましたが抹茶パウダーって結構値段張るんですね(;^ω^)

②生クリームを少しずつ入れながら混ぜる

③牛乳を足してなめらかになるまで混ぜる

生クリーム?なんというか、余った時に飲むわけにもいかないし、別で買うとコストかさむし牛乳でええやろの精神を発揮。

f:id:blueskybluenaoto:20180925223028j:plain

ほんとに混ざるのか?(牛乳ドバー)

f:id:blueskybluenaoto:20180925223055j:plain

生クリームをいれない分、牛乳を規定量の倍くらい入れたところ、無事滑らかになりました。

あ、余談ですが牛乳しかり4日くらい前からスーパーはほぼほぼ日常を取り戻しています。

唯一の例外は納豆。乳製品に比べ日持ちしそうだし、発酵なんて勝手に進みそうというイメージがありましたが、停電や節電要請の影響で工場が満足に稼働できないとか。他は何でもあるのに不思議なものですな。

④型に生地を入れる

型は100均で買いましたが、前回に引き続きボウルのままオーブンへ。

f:id:blueskybluenaoto:20180925223259j:plain

型に入れなかったせい?牛乳いれすぎたせい?指定されたワットと時間では中まで熱が通りません。エキストラエンド(延長戦)を2エンドも行い、ようやく完成。

f:id:blueskybluenaoto:20180925223508j:plain

完成品はたくさんの方に食べていただきました。知り合いの方のお誘いで、昨日(24日)長沼にて稲刈りのお手伝いを10人ほどの大人の方とさせていただいたのですが、昼ごはんのおかずがそれぞれ料理して持ち寄る方式で、僕は前回の紅茶パウンドケーキと今回の抹茶パウンドケーキを持ち寄り、好評でした。たくさんの方に美味しいと言っていただくことができ嬉しかったです。

また、今日は 正直カーリングよりも膝に負担がかかった(笑)稲刈りの疲れそのままに、カーリングを6時間もしたのですが、そこで会ったサークルの後輩に1口ずつ抹茶ケーキを試食してもらいました。おおむね好評でよかったです。改善点としては、ややパサついておりしっとり感がないこと。自己採点としては、人からもらうにはまあいいが金を出すレベルではない、60点くらいだと思っています。

さて、このパサつきを解消するには?

・素直に生クリームを購入

・牛乳をもう少し入れる

・オリーブオイルを増やす

・バターを加える

のどれかでしょうか?

出来れば、今ある数少ない材料だけで改良できたらいいなあ。ある時は牛乳増やしたり、今度はバターを入れたりと自分で100点のレシピになるまで改良を重ねてみるなんて面白いかも。

一方で、全く別のレシピを参考にして作ってみるのもまた必要な学びだと思います。今回だってバターを使わないかわりにホットケーキミックスや牛乳を使った結果食感が変わりました。

 

これだっ!というレシピができたら、cookpadに投稿し、ブログからリンクはろうと思います。今日はここまで~

 

余談 カーリング場は冷蔵庫くらい寒いので、保冷剤いらずという大発見。