男ウララの旅ぶろぐ

日本の地域の魅力を発信します。

MD、初の練習試合。

6月2日夜。学祭がピークを迎える夜、オフシーズンを2日後に控えたカーリング場へ。

北大の学部を卒業され、現在は北大の大学院生としてカーリングを続ける先輩チームに練習試合を誘っていただいたのです。

この練習試合で重視したポイントは、ショット率や勝敗ではなく

・作戦を2人で意見を出し合って決める

・かといって時間をかけすぎずにスムーズに試合進行する

・どんなショットでスイーパーをつけるべきか、つけないべきか考える機会にする

の3つでした。

 

試合は3エンド終わって2-2、4エンドの途中まではよかったのですがこちらのミスで相手にチャンスを与えてしまい、最終的には大差で負けてしまいました。4,5エンド目は相手にほとんどミスがなく挽回できなかったです。

 

さて内容ですが、作戦を2人で意見を出し合って決めることはよく出来たと思います。2人のカーリングの経験、MDの経験が近いことに加え、やはり同期ということでやりやすかった。

時間についてですが、練習試合ということでややじっくり考えることに比重を置いてしまったところがあったと思います。考えさせられるシーンに何度か遭遇できたのはラッキーでした。

スイーパーについては、試合前半はついてもらい、後半は1人でやる、と両方試せたのでよかったと思います。

 

しかし、大きな問題が発見されてしまいました、それは

 

 

相方の声が聞こえない

 

 

エスと言っているのか、ウォーに切り替えたのか、どちらでもないのか。

試合をしていたシートはここだけだったので比較的静かだったにもかかわらず、指示通りにスイープできていたかわからず後で確認するシーンが何度もありました。

これは大変だ。

もともと相方の声があまり響かないタイプの声であることはわかっていましたが、MDだと他にラインコールをしてくれる人がいないので、さあ困った。

また、僕も耳がとてもいいというわけではないですから、目の前の石の動きを見ながら声なき声に耳をすませることは簡単ではありません。

 

発声、聞き取りに詳しい方、助けて(´・ω・`)

 

最後となりましたが、先輩方へ、お忙しいところ練習試合組んでいただきありがとうございました。

またよろしくお願いします(^◇^)

明日から最後の大学祭

毎年恒例の北大祭。今年は6/1~6/3に行われます。

この時期は毎年、が降ります 笑

本州では6月に入ると梅雨と呼ばれる蒸し暑い季節に入りますが、ここ北海道は梅雨がありません。

その代わりいったん気温が4月くらいまで下がり、冷たい雨が降るのです。

 

とくに学祭のある6月序盤は毎年天気が悪く、過去10年で学祭中ずっと晴れていたのは1回だけというデータもあります。

ところが

tenki.jp

今年はなんと3日間にわたり降水確率がほぼ0%という、例外的な年になりそう( ゚Д゚)

僕が所属する"いなかっぺ"というサークルではトマトスープを出すんですが、気温も高いし売れるかな?気温が下がる夜が勝負になるかもしれませんねー

就活でこの時期札幌にいない友達もいるわけで、参加できるだけで幸せです。それでは、楽しんで参ります。

ミックスダブルスカーリング、始動。

 ミックスダブルス(MD)カーリング。これは通常の4人制ではなく、2人でチームになるカーリングです。詳細はこちら↓

ミックスカーリング - 公益社団法人 日本カーリング協会

僕は、2016年大会は2つ学年が上の先輩と、2017年大会は1つ学年が下の後輩とチームを組みました。

 

相方はまず同期で組んでくれる人がいないか探したのですが

・同期の男女比が偏っておりそもそも男子が余りやすい(買い手市場)

・MDのやる気がある女子はすでにチームを組んでいた(出遅れた)

・チーム作ってない女子を誘ってもMDに興味がないと言われる、実はウララと組むのが・・・という理由で組んでもらえない

というわけで、これまで同期と組むのを諦め、頼み込んで先輩や後輩とチームを組ませていただきました。

 

2018年、今年はどうなるんだろうと思っていましたが、同期の名物チームがやむを得ない事情で解散することになり、そこの女子と組むことになりました(*^-^*)

そして昨日、はじめてチームでの練習を行いました。

 

もともと何度も一緒に練習したり4人制の試合に出たことがある人なので、すべてがいつも通り。MDらしいところで言えば、投げる順番を考えたくらいです。

札幌のカーリング場は6月2週目から7月3週目までオフシーズンに入りカーリングができなくなるので、本格的に始動するのは8月になってからだとは思います。

具体的な目標はまだ全く話し合っていません 笑。

ただ、定量的な目標とは別に、MDの練習や試合の中で達成したいことはあって、

・サークルの一員でいられるのは今年が最後なので、練習試合などでできるだけ多くのサークル員とかかわり、一緒にカーリングを全力で楽しみたい

・楽しむ中でも、最上級生として、MDの経験者として後輩にあるべき姿を見せる

僕たちはともにMD3年目とそれなりの経験があります。サークルの様子を見ていると、今年はじめてMD初めてみました♪という後輩も多いし今後も増えてくると思います。彼らに対し技術面、作戦面でアドバイスしたり、カーリングへの姿勢をプレーの中で見せることが上級生として、経験者としての大切な役割だと思います。

チーム名が決まったら発表します。応援よろしくお願いします!

余市でスタートアップ企業立ち上げの手伝いをしてきた

おととい、昨日と余市へ行ってきました。行先はこれまで何度かお世話になってきた"エコビレッジ"という施設です。

 

ecovillage.greenwebs.net

↑によると、エコビレッジは「住民が互いに支えあう仕組み」と「環境に負荷の少ない暮らし方」を求める人びとが意識的に創るコミュニティ、と定義されています。この余市エコビレッジは、つねにここに滞在する運営スタッフの他、余市の農家や札幌の大学生ボランティアによって支えられているようです。

 

さて、僕が何をしたかといいますと、まず20日(土)はエコビレッジの資材を運んだり、これから飼う羊の小屋を作りました(完成してませんが)。

f:id:blueskybluenaoto:20180521100054j:plain

柵の中に羊を飼うようです。

f:id:blueskybluenaoto:20180521100128j:plain

赤い屋根の建物がエコビレッジのメインの生活場所です。

f:id:blueskybluenaoto:20180521100219j:plain

黒い毛をもつ羊、僕はゴメスと名づけましたが定着しないだろうな(-.-)

f:id:blueskybluenaoto:20180521100311j:plain

DIYなんて普段しないから、新鮮でしたね。

 

晩ごはんは、日曜に作業のお手伝いをする村田さん宅でジンギスカン、鹿肉をごちそうになりました。

f:id:blueskybluenaoto:20180521101033j:plain

左上の赤い肉が鹿肉。まだ3回くらいしか食べたことがない鹿肉ですが、とても美味しいのです。

f:id:blueskybluenaoto:20180521101148j:plain

村田さん宅は1人のお子さんがいて、鉄道のおもちゃや絵本がたくさんありました。幼少期から鉄道に興味を持ち身近に感じてもらうことが、北海道の鉄道を守ることにつながると思います。

 

さて、翌日20日(日)は農地で作業。村田さんは新規就農でこれからワイン用ブドウを育てるそうです。今、北海道ではワイン用ブドウを栽培しワイン作りを行うのがブームで、特にここ余市は気候が合うこともありこういった農家が増えているそうです。

f:id:blueskybluenaoto:20180521101732j:plain

f:id:blueskybluenaoto:20180521105141j:plain

北海道の農村と聞けば、十勝平野の広大な畑作地域や、別海や中標津といった道東の酪農地域を想像しますが、ここ余市は山が多く傾斜地を上手く活用していきます。

今回は苗植えをするにあたって、苗の場所をマーキングする作業を行いました。

朝8時から夕方5時まで。僕のようなお手伝いを含めて3~4人での作業でしたが、傾斜地はまっすぐ線を引くことが難しく、作業は難航しました。それでも7割くらい終わったと思います。苗植えという準備段階ですらこれだけ手間暇かかるということを体験しました。

新規就農、というのはまさに「0→1」のスタートアップです。ノウハウがない中、覚悟を決めて多額の投資を行い、日々努力を続ける。その生きざまを見ることが出来ました。

じきの畑 - 北海道 余市郡 - ローカルビジネス | Facebook

こちらがその農家さんのページですが、まだ投稿はないようです。”じき”に投稿されていくことを期待しましょう。

 

ほんとワイン流行ってるな・・・

協会長杯で東京へ旅立った彼とカーリングしてきた

月日の経つのは早いもので、もうカーリングデビュー4年目となります。

たくさんの仲間と、様々なチームを組んで、お気楽なオープン大会から、日常のリーグ戦、部内戦、真剣勝負の舞台まで経験してきました。

5/13,14に札幌で、協会長杯という単発のオープン大会が開催されました。

今回のチームは、同期の仲良しグループでした。このグループは男女3人ずつで一緒にカーリングしたり旅行したり、1人の家に集まって鍋したりシイタケ会したり・・・

blueskybluenaoto.hatenablog.com

その中でもTくんという、1年の頃から2人でご飯を食べに行ったり、同じチームでプレーすることが特に多い人がいました。10大会ほどでしょうか。ほかにここまで一緒のチームでプレーしたことのあるサークル員はいないと思います。カーリングやその他大学生活に対する姿勢などお互いに良い刺激を与えあってきました。

3年生の冬頃、あぁ、この仲間、Tくんとあと1年いられるのか、ラストイヤーには何しようかなと思っていたころ、衝撃の通告。

Tくんが札幌を離れ東京へ行くことになったのです。

ええ、どういうこと!?詳しい事情は、彼のブログ↓↓においおい綴られていくことになりそうです。

maharia9114.hatenablog.com

 

今回、忙しい中、東京から彼が帰ってきて再び一緒にプレーできることができたのです。彼がスキップとして指示を出し、僕は彼のために集中して石を投げる。彼が石を投げるとき、僕がスイーパーとして彼のために精一杯スイープをする。当たり前の光景だったのですが、もう滅多にないものとなってしまいました。

協会長杯は本来お気楽な大会ではあるのですが、貴重な機会なだけに早々に負けてしまったのは非常に悔しい。個人的な調子もよかったしもっと長くプレーしたかったです。

もっとも、カーリングが早く終わった分、スポッチャ行ったり桃鉄したり(また優勝しました。1年半ぶり2回目)ワインと鍋を食べるなど、いろいろほかのことが出来たのでそれはそれでよかった気もしますが 笑

実は4月に就活で上京した際に、彼と再会し部屋に泊めさせてもらっていました(札幌以外で会うのは新鮮だった)。なので会うこと自体は1か月ぶりだった。しかし就活がひと段落した今、次会えるのがいつになるのか分かりません。

今は、強い絆とブログが2人をつないでいます。Tくんと僕のブログを今後ともよろしくお願いいたしますm(__)m

5日間のたこ焼き屋を振り返る

 

ゴールデンウィーク後半、5/2~5/6に小樽の商店街で、僕と小樽商科大学の友達の2人で、就職活動に必要な交通費✈を稼ぐため、たこ焼き屋の経営をしたので振り返りをしようと思います。

 

~4/22、試作会~

小樽で試作会。たこ焼き粉の配分、ネギ紅しょうがタコの大きさを共有し、たくさん焼いて練習。大学1年の学祭で作って以来のたこ焼き。ある程度きれいな球体にしないと売り物にならないがこの時60%くらいの完成度で、あとは慣れに期待することにした。このあと、例のジンギスカンデートへ。

blueskybluenaoto.hatenablog.com

~5/1、開店前日~

僕はビラを作り終えたくらいで特に何もしなかったが、相方が北海道新聞の取材を受けていたらしく、たこ焼き屋の記事が掲載された。

~5/2、1日目~

僕は午前中、内定先の施設を卒業論文聞き取り調査と称し訪問。14時頃にたこ焼き屋に入り、ひたすら焼き続ける。試作の時と装置が異なり勝手が違う。僕も相方も売り物にならないたこ焼きを大量に排出した。お客さんは”新聞を見て来たよ”とたくさんの方に来ていただいたが、手際が悪くバスの時間の関係で購入を断念した方や、質の低いものを渡さざるを得なかった方もたくさんいたと思う。ただ、その割に味の評価はそこまで悪くはなかった。

~5/3、2日目~

「まだ2日目か・・・」前日、僕は8時間、相方は12時間以上ぶっ通しで働いたためすでに疲労がピークに。たこ焼きの失敗率はある程度改善され、利益率は向上。この日も新聞を見て来た方がたくさんいた。常に注文が入るため、3時間に1度のペースで一度店を閉め仕込みを行った。栄養補給という概念を忘れ、自作のたこ焼きの味見をすることもなかった。2人とも神経質になり、なんか言い方が感じ悪いなあと互いに感じるように。なんでバイトではなくこんなものに手を出したんだろうと心底思った。

~5/4、3日目~

僕が札幌で面接があった関係で、開店時間を遅らせた。おかげで2人とも睡眠時間を十分に確保できた。また、思い切って昼ごはんの時間を確保しリフレッシュすることができ、まともなご飯を食べる重要性を痛感した。これらのおかげで心にゆとりができ、相方は僕に(内容は妥当だが)心無い言い方をしてしまったことを、僕は周りを見て動くことが苦手で手際が悪いことを謝った。互いに自分の欠点を自らさらけ出すことで信頼関係ができ、より前向きに店のオペレーションに取り組めるようになったと思う。

この頃から、新聞を見た方だけでなく、facebookの投稿を見た方やリピーターが増えてきた。また腕が上がったためか美味しいと言ってくれるお客さんが増えたように感じた。結構外国の観光客の方も買ってくれる。欧米系よりアジア系のほうが受けがよかった印象。

~5/5、4日目 事件発生~

オペレーションがスムーズになり、たこ焼きのクオリティも上がり、生活リズムにも慣れてきた4日目、ある問題が発生する。それは「タコの値段が倍になった」。

儲けを出すためにやっているのだから原価率を上げたくない。今まで大きめに切っていたタコを小さく切る。この判断に5秒とかからなかった。味見することもなく。

売上は3日目と同じくらい。いよいよ明日で終わりか~と思った午後10時前。

一人の中年の男性が怒った様子で店へやってきて、怒りをあらわにした。

「1日目、新聞に外はかりっと、中はとろっと って書いてたから買ってみたけどなんだあのたこ焼きは!!」

確かに初日、売り物としてはレベルが低すぎるたこ焼きを提供していた。外はかりっと、中はとろっと の言葉はこちらから伝えた文言ではないらしいが、それでも質の低さの指摘はごもっともである。

「んで、今日、また買ってみたわけだが」

なんで不満を持ったたこ焼きを再び買ったのだろう?

「なんだこのタコは!(タコを実際にほじくり出して)小さすぎるだろう!」

・・・確かに小さいけど。

「商売なめてるのか!!!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「・・・・・・頑張れ」男性は立ち去った。

 

 相方は「甘かった」といい涙を流した。2人ともオペレーションに慣れてきて、なんだ意外と簡単に稼げるじゃないか!と気持ちがちょうど緩んでいたところでの出来事である。涙は自分たちの商売に対する在り方の甘さに気づかされたことによる悔しい思い、またそれを厳しくも愛を持って指摘してくれた男性への感謝の思いであふれたものであった。

僕はというと・・・海外ビジネス武者修行プログラムの最終プレゼンを思い出した。

成果が出ず、プレゼンにならない。形だけプレゼンが終わった後のファシリテーターの講評。雑な切り取られ方をしたビジネスカードを手に取り、怒りの一言。

「こんなもん、ビジネスでもなんでもない!!!!!」

ぶちまかれたカード。凍り付く現場。記憶が生々しすぎて思い出したくもない。書いてて涙が出そうになるけど、あり方がなってないとこんな結末を迎えてしまうという教訓として、忘れてはならない出来事である。

これと今回の事例は似ている。あり方の甘さをつく一言。

今回のたこ焼き屋は、一定の成果を出せた。小樽市民のみならず、外国人や子供などたくさんの方に直接間接とわず「美味しい」と言っていただけた。その結果として利益も十分に上げることができた。

ただ、それでも十分ではなかった。たとえば初日、原価率が悪化することを恐れ出来が悪いたこ焼きを無理やり提供するべきではなかった。心のどこかに、学生だしたこ焼きらしいものを作れば大丈夫だろうという甘えがあった。またタコの仕入れ値が上がったからタコを小さくするという、値段据え置きで質を下げる作戦は実際の企業でも見られる経営戦略であるしそれ自体が間違いだったとは今でも思わない。僕たちは利益を得るためにやっているのだから原価率を気にするのは当然だ。某企業のように食品偽装やデータ改ざんをしたわけではないし(神戸出身の者として悲しくなりましたよ 涙)。

ただ、僕たちはタコの大きさを変えて商品の味見をするという手間を惜しんでしまった。

僕たちはクレームを受ける前にお客様の立場になり、タコの大きさを変えたらどれほど満足度が変わるのか、確かめてから改めて小さくするべきか考えるべきだったのである。原価率だけを考え即決するのではなく、実際に商品を試して考えるのが正しいあり方だと学んだ。この考え方は今後必ず活きると思う。

 ~5/6、最終日~

というわけで、クレーム翌日、大きさを戻したたこ焼きを営業開始前に自分たちで食べ、全然満足感が違うことに初めて気づいたのである。また1件のクレームの背後には、クレームをわざわざ口にはしないまでも不満を持ったお客様が10人、20人といるはずだから、タコの大きさを戻すべき、という判断をした。GW最終日ということで観光客は少なく、また天気が悪かったため小樽市民も少なかった。材料のキリの良いところまで販売し閉店した。

 

まとめ

やっぱりビジネスはあり方が大切。いくら美しいたこ焼きを作るテクニック(やり方)が上達しても、こまめに味見をするという姿勢(あり方)があってこそだと思った。

また今回は学祭の出し物ではなく、商店街という公共の場において、しかも新聞に掲載してもらっている以上、学生とはいえ立派な商品を出す社会的責任があると感じた。

細かいところでは、1,2日目は新聞で知った人が多く、3日目以降はfacebookの投稿を見た人やリピーターが増えた。小樽のような高齢化が進んだ地域では予想以上に新聞は強力な広告塔であり、SNSは新聞で捕まえきれなかった若い顧客への広告として有用であることを実感できた。またfacebookで新聞記事つきの投稿を見てきましたという方もいて、メディアの掛け合わせも高い効果がありそうだ。

 

最後になったけど、たこ焼き屋をするにあたって必要な機械、原材料の調達や日々の会計をやってくれた相方に、そして暖かく応援してくださった小樽市民の皆さまに感謝申し上げます。小樽は初めて観光で来た時から好きだったし、何度も様々な用事で訪れてきた街でしたが、市民の暖かさにふれいっそう小樽が好きになりました。

北海道を愛する女の子とジンギスカンを食べてきた

先日、モデルとお酒を飲んでテンションあげあげ↑↑のウララです。

今度は、就職活動中、某北海道の企業のセミナーで知り合った女の子ジンギスカン食べてきました!名前は あやか さんです( 顔出しOKいただいてます!(^^)! )f:id:blueskybluenaoto:20180422235348j:plain

f:id:blueskybluenaoto:20180422235634j:plain

f:id:blueskybluenaoto:20180422235651j:plain

場所は松尾ジンギスカン 札幌駅前店です。松尾ジンギスカンは大学2年の夏に家族と食べに来て以来でした。3枚目は自撮りに苦戦している僕をみかねて、写真をお撮りしましょうかと店員さんから声をかけてくださり、お願いしたものです。観光客慣れしているのでしょうか。素晴らしいサービス精神です。ジンギスカンの味も間違いありませんので、札幌へお越しの際はぜひ行ってほしい店です(*^-^*)

www.matsuo1956.jp

あやかさんは、東京生まれ東京育ちながら、北海道が大好きでニセコ富良野インターンを経験していて、道内就職を熱望し何度も東京から飛行機で札幌へやってきているそうです。僕もたびたび東京へ行くので遠征の大変さは本当によくわかります・・・

北海道を想う気持ちや就職して成し遂げたいこと、数々のコミュニティーに飛び込むという大学生活の過ごし方も近く、とても気の合う子です。

就職活動が終われば北海道を鉄道や車で回りたいそうです。ドライブには慣れているし、JRも好きらしいので、どっちにしても一緒に北海道をぐるぐるしたいですね^^

僕は僕で8月には”いなかっぺ”のサークル活動で仁木に泊まるのですが、そこにあやかさんを呼びたいな。友達を新しく作ったり集団生活するのは得意そうだし。

互いに翌日23日に本命企業の選考が控えているため、別れ際に「お互い頑張ろう!」と握手をして解散しました。

あやかさんには本当に頑張ってほしい。どうか報われてほしい。僕も負けないように就活やりきるぞ!北海道を愛するウララとあやかさんを、今後とも応援よろしくお願いいたします。