男ウララの旅ぶろぐ

日本の地域の魅力を発信します。

駅からwalkシリーズ JR阪和線 紀伊中ノ島駅

今日は北海道を離れて、和歌山にある紀伊中ノ島駅を調査します。阪和線は大阪と和歌山県北部の和歌山市を結ぶ路線で、紀伊中ノ島駅和歌山駅から北へ1駅のところにあります。

f:id:blueskybluenaoto:20170907110817j:plain

阪和線の駅の1つに過ぎない紀伊中ノ島ですが、高架のホームから階段を降り改札を出るとなにやら不思議なものが。

f:id:blueskybluenaoto:20170907111019j:plain

f:id:blueskybluenaoto:20170907111026j:plain

これは駅のホームではありませんか?しかし線路は引かれていません。また現役の線路と交差する方向となっています。これはどういうことでしょうか。

f:id:blueskybluenaoto:20170907111216j:plain

出典:googlemap

これは現在の和歌山市の地図です。和歌山駅から南と西北へ紀勢本線、南東へ和歌山電鐵、北東へ和歌山線、そして北へ阪和線が出ています。和歌山駅が乗換駅であることが分かります。

f:id:blueskybluenaoto:20170907112234j:plain

出典:所蔵地図データベース

こちらは昭和14年の和歌山市の地図です。当時は西にある和歌山市駅が中心で(現在も和歌山市駅は存在し、南海との乗換駅です)現在の紀和駅和歌山駅、現在の和歌山駅は東和歌山駅でした。そして現在では和歌山駅から北東へ分岐し東へ伸びていく和歌山線が、当時は紀伊中ノ島駅を通って東へ伸びています。

つまり、あの謎のホームは和歌山線紀伊中ノ島駅を経由していたころの痕跡だったのです。

戦後、町の中心が和歌山市駅から和歌山駅へ移ると、和歌山駅から和歌山線が分岐するように線路がひかれ、紀伊中ノ島駅を東西に横切る線路はなくなりました。現在はホームだけが取り残されています。

 

紀伊中ノ島は周辺に面白い施設や景勝地があるわけでもないし、農村の風情もありませんのでぜひ訪問したくなる駅ではないです。しかし和歌山市の市街地の変化を物語る貴重な駅かもしれません。ここまで考えるとなぜ中心が和歌山市駅から和歌山駅に移動したのか知りたくなりますが、これを掘り下げるのはブログではなく学術論文でするべきことでしょう。今日はこのへんで。

駅からwalkシリーズ JR函館本線 星置駅 ~星置の滝~

こんにちは。今日はJR函館本線 星置駅・・・ではなく、駅から徒歩圏にある滝を紹介します。

f:id:blueskybluenaoto:20170825221202j:plain

出典:wikipedia 星置

おお、もはやウララが撮影したものですらありません。行ったことは確かにあるのですが夜だったので写真はありません(撮っていても何がわかるんだろう)。それに、星置駅について語れることはありません。

そこで、今回は駅から徒歩圏にある「星置の滝」を紹介します。ウララは今回JR利用でなくママチャリで到達しました。

f:id:blueskybluenaoto:20170825221545j:plain

f:id:blueskybluenaoto:20170825221553j:plain

f:id:blueskybluenaoto:20170825221601j:plain

駅を出て山のある南へ進んでいくと、階段が表れます。150メートルに渡る階段をくだるのか・・・クモの巣や蚊がやっかいでした。また画像の時点では虫の音色よりも、札樽道をぶっとばす自動車の音のほうが大きく騒がしいです。

f:id:blueskybluenaoto:20170825221919j:plain

f:id:blueskybluenaoto:20170825221926j:plain

秘境感あふれる寺です。このあたりではもう車の音は聞こえません。入ろうと思ったのですが、スズメバチがいて立ち入り禁止とのこと。スズメバチなんてこの自然ではどこにでもいるだろうしここだけ立ち入り禁止しても意味があるのだろうか、いや、飛来ってあるし巣が出来ているのかもしれない。

f:id:blueskybluenaoto:20170825222209j:plain

f:id:blueskybluenaoto:20170825222215j:plain

f:id:blueskybluenaoto:20170825222222j:plain

f:id:blueskybluenaoto:20170825222228j:plain

寺をあとにさらに進んでいくと、おお、滝が見えてくるではありませんか。水がたたきつける音だけが聞こえる不思議な世界。滝があるところというのは、木々によって日陰になっていて、かつ水しぶきにより周りより気温が低いことが体感できます。もっとも札幌は夏でも十分涼しいのですがね。ここの滝はそれなりに高さがあり、周りの木々がいい具合に「障り」となっています。

 

滝行と言ってしまうと修行の1つですが、僕は修行ではなくただ「滝」に「行」くことが好きなので、今後も単発で滝を紹介できればなーと思います。

f:id:blueskybluenaoto:20170825223301j:plain

【クリアLED電球セット可】待ち割 特典割で5,400円お得♪ ディクラッセ 星型 ペンダントライト エトワール etoile クリア フロスト / インテリア照明 引掛けシーリング対応 ダイニング 寝室 階段 玄関 トイレ かわいい カフェ おしゃれ フレンチ 星 照明 フレッヒダックス


感想(123件)

駅からwalkシリーズ JR函館本線 銀山駅

今日はJR函館本線、銀山駅を紹介します。銀山駅は仁木町にあり、余市倶知安の真ん中くらいにあります(ざっくり)f:id:blueskybluenaoto:20170823204709j:plain

f:id:blueskybluenaoto:20170823210538j:plain

f:id:blueskybluenaoto:20170823205358j:plain

銀山駅はホームが上り線と下り線で分かれています。基本2両の列車しか来ませんがその割にホームが長い。函館本線長万部~小樽間はいまでこそローカル線ですがかつて特急や貨物が走る幹線でしたから、設備は立派です。

f:id:blueskybluenaoto:20170823210128j:plain

銀山、という駅名ですが名前負けしない?くらい小高いところに駅があるので、市街地が一望できます。木が多いしそんなに民家は多くはないですが。

f:id:blueskybluenaoto:20170823210426j:plain

f:id:blueskybluenaoto:20170823210431j:plain

f:id:blueskybluenaoto:20170823210439j:plain

駅から国道5号線のある市街地へ坂を下ると、見えてくるのは田んぼです。銀山は「果実とやすらぎの里」仁木町の一部ですが、ここ銀山ではサクランボやミニトマトはあまり栽培しておらず、むしろ稲作地帯です。同じ函館本線でも岩見沢旭川間は一面が水田という見事な景色が楽しめますので、水田を見たい方はぜひそちらへ。

f:id:blueskybluenaoto:20170823210814j:plain

本数は1~2時間に1本といったところで不便な時間帯が存在します。隣駅の然別~小樽の区間運転があるためです。函館本線の平均的な本数といったところでしょうか。

f:id:blueskybluenaoto:20170823211510j:plain

駅を下ったところにある「レストランふれあい」でいただいた食事です。僕はなんでもかんでもは持ち上げない人間です。ここはそれなりに美味しいですが決して安くはないので、銀山駅を訪問しても食事は小樽に帰ってからがいいでしょうな。

f:id:blueskybluenaoto:20170823213656j:plain

そのうち海外の駅とかやりたいなあ。

 

銀だらの切り身【約100g×7切】送料別

価格:4,399円
(2017/8/23 21:41時点)
感想(27件)

駅からwalkシリーズ JR日高本線 様似駅

お久しぶりです。今回は列車不通区間ながら現役の様似駅を紹介します。

f:id:blueskybluenaoto:20170820183325j:plain

駅の中に観光案内所があります。

様似駅はJR日高線の終着駅です。苫小牧から鵡川、静内、浦河を通り様似まで結んでいた日高線は、現在は苫小牧~鵡川のみが列車で、他は代行バスです。

f:id:blueskybluenaoto:20170820183543j:plain

f:id:blueskybluenaoto:20170820183515j:plain

線路の色が赤いです。列車がしばらく走っていないためさびているのがわかります。

f:id:blueskybluenaoto:20170820183522j:plain

ホームは片側ですが駅の部分は複線になっています。

f:id:blueskybluenaoto:20170820183533j:plain

なんか小奇麗ですねえ。

f:id:blueskybluenaoto:20170820184019j:plain

 

f:id:blueskybluenaoto:20170820184238j:plain

駅からwalkシリーズ JR札沼線 新十津川駅

 

f:id:blueskybluenaoto:20170730211112j:plain

こんにちは。今日は1日1往復、日本一早い終電を迎える新十津川駅を紹介します。

9時30分にやってきて、40分に出て行ってもうおしまい。2016年秋の訪問。

f:id:blueskybluenaoto:20170730211129j:plain

元々は留萌線の石狩沼田とつながっていた線路。ここから先は立ち入り禁止なので近寄れません。

f:id:blueskybluenaoto:20170730211140j:plain

花が植えられています。列車から降りると幼稚園の子供たちが出迎えてくれます。子供たちは毎日のように駅に来てくれるわけですが、車内はどう見ても鉄道マニアしかいなかった。そのことに気づくころには廃線になっていることでしょう。1両のキハ40の座席がちょうど埋まるほど乗ってました。

これに乗るには札幌を朝7時前に出る列車に乗る必要があるため、寝坊できません。車内眠かったなあ。

f:id:blueskybluenaoto:20170730211150j:plain

牧場もあります。誰が管理してるんだろうか。北海道とはいえ日本海側なので酪農が盛んな地域ではありません、車窓はひたすら田んぼでした。確かに北海道ローカル線らしい景色が楽しめますが、並行して走る函館本線と変わりません。西から見るか東からみるかの違いにすぎないのです。函館線は普通列車でも100キロ超えの運転をするのに対しこちらはスローです。僕はぶっ飛ばす方が好きですよー

f:id:blueskybluenaoto:20170730211856j:plain

路線バスは結構出てます(感覚マヒ)滝川まで歩ける距離ですが、冬はありがたい存在になりそう。天気もよかったのでテクテク滝川駅まで徒歩で移動しました。

f:id:blueskybluenaoto:20170730212824j:plain

今年の夏の甲子園は、北北海道からは滝川西(たきかわにし)高校が出場します。アナウンサーが「たきがわ」って言ってて、あぁ神戸市の滝川(たきがわ)の方が有名なんだなと感じました。ええ、筆者は神戸出身ですからどちらとも読めてしまうわけですが、北海道3年目となればたきかわの方に愛着がわくのです。全部の特急とまるし。富良野いけるし。

滝川はグライダーとジンギスカンの町とされています。10回近く通過したし降りたこともあるけど町としてインパクトがあるものはそんなにないなあ。

f:id:blueskybluenaoto:20170730214717j:plain

 

駅からwalkシリーズ JR参宮線 二見浦駅

今日はJR参宮線の二見浦(ふたみのうら)駅を紹介します。この駅は伊勢神宮のある伊勢市駅と水族館で有名な鳥羽の間にあります。

f:id:blueskybluenaoto:20170718230940j:plain

f:id:blueskybluenaoto:20170718230953j:plain

なかなか近代的な建物です。

 

f:id:blueskybluenaoto:20170718231000j:plain

f:id:blueskybluenaoto:20170718231008j:plain

駅を出るとモダンな駅とは打って変わって歴史的な建造物が数多く見られます。小さな港として栄えたのでしょう。増毛を思い出すなあ。

f:id:blueskybluenaoto:20170718231026j:plain

夫婦岩(めのといわ)です。ここに限らず紀伊半島は複雑な海岸線、奇岩が多く見られ撮影スポットとなっています(白浜、串本など)。そしてそれなりのお土産屋さんも近くにあったりします。

さっきの駅舎ってこの岩がモチーフな気がする。大きいのと小さいのが隣接しているし。

f:id:blueskybluenaoto:20170718231915j:plain

20分~30分ほど歩くと隣の松下駅に着きました。単線非電化。北海道でよく見られる光景ですが、ここには小奇麗なディーゼルカーがやってきます。ロングシートなのが都会感あります。

f:id:blueskybluenaoto:20170718232509j:plain

もっとぼろい列車が好きな人もいるだろうけど、このギャップもまたよきかな^^

f:id:blueskybluenaoto:20170718232902j:plain

 

駅からwalkシリーズ JR石勝線夕張支線 夕張駅

こんばんは。今日はJR北海道石勝線の夕張駅とその周辺を紹介します。訪問時期は2016年の11月頃です。

f:id:blueskybluenaoto:20170711223237j:plain

f:id:blueskybluenaoto:20170711223357j:plain

なぜか車両は日高線で用いられる青い気動車でした。車内には日高線から見える風景についての写真つきの展示がありますが、もう日高線が復旧することはなさそうです・・・

f:id:blueskybluenaoto:20170711223602j:plain

f:id:blueskybluenaoto:20170711223610j:plain

石炭の歴史村は営業期間が限られており、ふらっと訪れた無計画なウララは入ることはできませんでした。札幌圏の知り合いいわく、小学校の社会科見学で来たことがあるそうです。

f:id:blueskybluenaoto:20170711223617j:plain

f:id:blueskybluenaoto:20170711223625j:plain

映画のパネルが市街地のあちこちにあります。夕張は映画の町で現在でもしばしば映画祭が行われます。映画で町おこしの精神はいいんですが今映画館なんて市内にあるのですかねえ?キネマ街道といえば桃鉄の物件にも確かにありましたねえ。

f:id:blueskybluenaoto:20170711223656j:plain

f:id:blueskybluenaoto:20170711223707j:plain

市役所は立派です。隣の建物が閉鎖中ですが。夕張には廃墟がたくさんありマニアにはたまらない町ですが、一般人からすれば気分を悪くするレベルのものが町中にたくさんあります。壁が無残にもはがれた病院、窓ガラスが割られたまま放置された家や地震かあるいは雪によって屋根が崩落している民家がいやでも目に入ります。訪問当日は水分の多い雪とうっそうとした雲による暗さが廃墟の絶望感をいっそう引き立て、少し鬱っぽくなって札幌に帰ってきました。

f:id:blueskybluenaoto:20170711223754j:plain

右手にみえるのがホテルで冬はスキー、スノボをする人で賑わいます。夕張駅は単線非電化で終着駅です。夕張支線は廃止が決まっていますので、ぜひ今のうちに鉄道利用で訪問してみてください。

予約 訳あり 夕張メロン 3-3.5kg 詰(2-3玉)※6月下旬頃からのお届け(着日指定不可)送料無料 ※沖縄は送料別途加算 お裾分け ポイント消化 ゴルフコンペ 御中元 お中元 人気 プレゼント

価格:3,980円
(2017/7/11 22:55時点)

 

f:id:blueskybluenaoto:20170711225909j:plain