男ウララの旅ぶろぐ

日本の地域の魅力を発信します。

武者修行プログラムの事前研修と男女平等

 事前研修では2,3人のグループで意見交換をするシーンがたくさん設けられた。休み時間も含めると全員と何らかの話をすることができた。

個人的に驚いたのが、まだ飛行機を取っていない人が多いこと。後になればなるほど高くなるのはわかりきった事実なんだから早くとればいいのに、と思うのだが、どうも女の子の多くは親が武者修行に行くことを許してくれておらず、それで買えてないらしい。

親が反対する理由は様々で、こういう団体での研修に対する考え方、発展途上国についての考え方、あるいは経済的な問題もあるので人それぞれとしか言えないが、どうも女子の方が親の説得がうまくいかないようだ。

せっかく行きたいと思っているのに、「女である」という理由で彼女たちがチャンスを逃す世の中。男女平等、男女同権はこんなにも難しいことなのか。

研修の中で「社会を変えるのは、仕組みではなく人だ」という言葉があった(ちょっと違うかも?)。いくら雇用機会なんちゃら法だとか男女共同参画社会うんたら法が制定されても、結局日本人、人が変わらなければ社会は変わらないという実例を目の当たりにした。こんな形で納得してしまうとは・・・

改めて、関西を離れ北海道に進学することを許してくれ、武者修行プログラムにもGOサインを出してくれた親に感謝したい。それは薄っぺらい言葉ではなく、変態した姿を見せることで示したい。そのためにダナン関空の直行便とったんだから!!