男ウララの旅ぶろぐ

日本の地域の魅力を発信します。

駅からwalkシリーズ JR札沼線 新十津川駅

 

f:id:blueskybluenaoto:20170730211112j:plain

こんにちは。今日は1日1往復、日本一早い終電を迎える新十津川駅を紹介します。

9時30分にやってきて、40分に出て行ってもうおしまい。2016年秋の訪問。

f:id:blueskybluenaoto:20170730211129j:plain

元々は留萌線の石狩沼田とつながっていた線路。ここから先は立ち入り禁止なので近寄れません。

f:id:blueskybluenaoto:20170730211140j:plain

花が植えられています。列車から降りると幼稚園の子供たちが出迎えてくれます。子供たちは毎日のように駅に来てくれるわけですが、車内はどう見ても鉄道マニアしかいなかった。そのことに気づくころには廃線になっていることでしょう。1両のキハ40の座席がちょうど埋まるほど乗ってました。

これに乗るには札幌を朝7時前に出る列車に乗る必要があるため、寝坊できません。車内眠かったなあ。

f:id:blueskybluenaoto:20170730211150j:plain

牧場もあります。誰が管理してるんだろうか。北海道とはいえ日本海側なので酪農が盛んな地域ではありません、車窓はひたすら田んぼでした。確かに北海道ローカル線らしい景色が楽しめますが、並行して走る函館本線と変わりません。西から見るか東からみるかの違いにすぎないのです。函館線は普通列車でも100キロ超えの運転をするのに対しこちらはスローです。僕はぶっ飛ばす方が好きですよー

f:id:blueskybluenaoto:20170730211856j:plain

路線バスは結構出てます(感覚マヒ)滝川まで歩ける距離ですが、冬はありがたい存在になりそう。天気もよかったのでテクテク滝川駅まで徒歩で移動しました。

f:id:blueskybluenaoto:20170730212824j:plain

今年の夏の甲子園は、北北海道からは滝川西(たきかわにし)高校が出場します。アナウンサーが「たきがわ」って言ってて、あぁ神戸市の滝川(たきがわ)の方が有名なんだなと感じました。ええ、筆者は神戸出身ですからどちらとも読めてしまうわけですが、北海道3年目となればたきかわの方に愛着がわくのです。全部の特急とまるし。富良野いけるし。

滝川はグライダーとジンギスカンの町とされています。10回近く通過したし降りたこともあるけど町としてインパクトがあるものはそんなにないなあ。

f:id:blueskybluenaoto:20170730214717j:plain