男ウララの旅ぶろぐ

日本の地域の魅力を発信します。

駅からwalkシリーズ JR阪和線 紀伊中ノ島駅

今日は北海道を離れて、和歌山にある紀伊中ノ島駅を調査します。阪和線は大阪と和歌山県北部の和歌山市を結ぶ路線で、紀伊中ノ島駅和歌山駅から北へ1駅のところにあります。

f:id:blueskybluenaoto:20170907110817j:plain

阪和線の駅の1つに過ぎない紀伊中ノ島ですが、高架のホームから階段を降り改札を出るとなにやら不思議なものが。

f:id:blueskybluenaoto:20170907111019j:plain

f:id:blueskybluenaoto:20170907111026j:plain

これは駅のホームではありませんか?しかし線路は引かれていません。また現役の線路と交差する方向となっています。これはどういうことでしょうか。

f:id:blueskybluenaoto:20170907111216j:plain

出典:googlemap

これは現在の和歌山市の地図です。和歌山駅から南と西北へ紀勢本線、南東へ和歌山電鐵、北東へ和歌山線、そして北へ阪和線が出ています。和歌山駅が乗換駅であることが分かります。

f:id:blueskybluenaoto:20170907112234j:plain

出典:所蔵地図データベース

こちらは昭和14年の和歌山市の地図です。当時は西にある和歌山市駅が中心で(現在も和歌山市駅は存在し、南海との乗換駅です)現在の紀和駅和歌山駅、現在の和歌山駅は東和歌山駅でした。そして現在では和歌山駅から北東へ分岐し東へ伸びていく和歌山線が、当時は紀伊中ノ島駅を通って東へ伸びています。

つまり、あの謎のホームは和歌山線紀伊中ノ島駅を経由していたころの痕跡だったのです。

戦後、町の中心が和歌山市駅から和歌山駅へ移ると、和歌山駅から和歌山線が分岐するように線路がひかれ、紀伊中ノ島駅を東西に横切る線路はなくなりました。現在はホームだけが取り残されています。

 

紀伊中ノ島は周辺に面白い施設や景勝地があるわけでもないし、農村の風情もありませんのでぜひ訪問したくなる駅ではないです。しかし和歌山市の市街地の変化を物語る貴重な駅かもしれません。ここまで考えるとなぜ中心が和歌山市駅から和歌山駅に移動したのか知りたくなりますが、これを掘り下げるのはブログではなく学術論文でするべきことでしょう。今日はこのへんで。