男ウララの旅ぶろぐ

日本の地域の魅力を発信します。

北海道昆布館に行ってみた

北海道では最低気温が10℃に満たない日も多くなってきました。外で運動するには少し寒い季節に、10月唯一の祝日である「体育の日」がやってきました。

運動会シーズンです。徒競走、玉入れ、組体操・・・最近では組体操は危険ということで敬遠する動きもあるようですね。実際観衆から見て「すごいな」と思うような技には大きな危険が伴っていることは当事者として理解はしていました。危険だからといって何もかも自粛することがいいこととは思いませんが、小学生の時に2回ケガをした身としては致し方ない気もします。

さて、前置きが長くなりましたが、体育の日なんて大学生にとってはただの3連休のうちの1日に過ぎません。友人数名と一緒に札幌を出て道南の観光地、函館に遊びに行きました。

函館といえば、朝市、五稜郭、市電、温泉、ラッキーピエロ、そして夜景というように観光地が集まっている町ですが、ただ書くだけでは他のブログと差別化できず何も面白くないので、今回は函館市から路線バスで1時間近くかかる、七飯町の北海道昆布館を紹介します!

f:id:blueskybluenaoto:20171011230708j:plain

昆布館は友人の発案でした。それなりに大きくて、試食コーナーがたくさんあるらしい。函館市内だけではコンパクトすぎるから足を運んでみよう、と。

しかし、アクセスをHPで調べても地図が載っているだけで、JRや路線バスについては全く書かれていません。マイカーなんて持っていない大学生にとって車が前提の場所は行先から外れやすいものですが、なんとか路線バスの存在を発見し、1時間に1本の函館バスで昆布館を訪れました。

f:id:blueskybluenaoto:20171011231334j:plain

f:id:blueskybluenaoto:20171011231341j:plain

f:id:blueskybluenaoto:20171011231347j:plain

f:id:blueskybluenaoto:20171011231355j:plain

事前に調べていた通り、中は広々としており商品も豊富でした。昆布関連で相当な種類の試食、商品があり昆布好きにはたまらない場所だと自信をもって言えます。

また昆布の歴史を博物館のようにまとめた部屋や、昆布について10分程度の映像で紹介するプラネタリウムのような場所もありました。まさにバブルの遺産といった風情ですが、決してさびれておらず、連休中ということもあって朝早くから観光バス利用の観光客で大いに賑わっていました。

余談ですが昆布のソフトクリームが売られていて、恐る恐る買いましたがほとんど昆布の味はせず普通のバニラ味でした。

さて、ソフトクリームを食べていると、「答えてくれた方の中から毎月抽選で○名様に商品プレゼント!」と書かれたアンケート用紙を発見しました。手間と費用をかけてでも顧客の声に耳を傾けようという姿勢が見られます。いくつかの選択肢型の質問を終え、残すは自由記述のみとなりました。僕は「車を持たない学生にとって路線バスで来れるのは魅力なのに、公式サイトにもどこにも路線バスの情報がなかったので、載せるべきだと思う。」と書きました。お世辞や嫌味のない意見に友人からは高評価をいただきました(笑)が、この意見は昆布館に本当に響くのでしょうか。

f:id:blueskybluenaoto:20171011233136j:plain

昆布館は函館市街地と大沼公園の間に位置します。大沼公園は函館から近いため、函館の旅行計画に大沼を組み込むことは難しいことではありません。そして昆布館は大沼函館間の通り道にあります。観光バスが途中で立ち寄るのに便利な場所です。よって観光バス、車の利用者が昆布館のターゲット顧客になりそうです。事実、大きな駐車場があり大型バス専用ゾーンがいくつもありました。

一方、公共交通機関に頼る観光客は、お土産は函館市内で済ませ、大沼に行く場合は速くて分かりやすいJRを利用します。途中の駅で有名なところといえば新幹線駅である新函館北斗くらいで、途中下車するような駅はほとんどありません。

そういうわけで、1時間に1本の路線バスでわざわざ函館と大沼の中間にある不便な昆布館にやってくる大学生なんてたまたまやってきた客に過ぎません。ターゲット外だと思われます。そうすると、ターゲット外の僕らの意見に耳を傾けるのは得策ではないので、僕の意見が届くとは考えにくいですな・・・

 

でも、ホームページに路線バス情報を載せるのはそんな手間でもないような。