男ウララの旅ぶろぐ

日本の地域の魅力を発信します。

那智勝浦ワクワクプロジェクトに参加してきました!

3月中旬、武者修行生が那智勝浦で地方創生を実践するらしい・・・

北海道で地域貢献を実践してきた者として、北大の文学部地域システム科学講座で数々のエクスカーションや聞き取り調査をしてきた者として、そして何より武者修行の修了生として・・・

「絶対おもろいやろ!!!!!」

 

というわけで東京での就職活動を中断し、新幹線と特急くろしおで那智勝浦町へやってきました。僕の活動目標は「那智勝浦に必要とされる存在となり、必ずまた帰ってくる。」でした。那智勝浦は2017年1月に観光で来たことがありましたし、和歌山が父親のふるさとで愛着があったことから、この町のために!という思いは当初から高い方だったと思います。

 僕たちのチームは「シェアサイクリング普及の下地つくりとサイクリングマップ作成」をやりました。観光客は世界遺産のある山へは行くものの、商店街などの市街地はあまり巡らないという問題がありました。自転車の整備が進めば、山を下りたあとにさらに町に滞在しようという観光客が増えるだろう。また車を持たない観光客の行動範囲が広がり、紀伊天満駅紀伊勝浦駅から1駅)や那智駅紀伊勝浦駅から2駅)周辺に観光客が流れ込むのでは。というのがこの企画をやった理由です。

5人チームだったのですが、うち2人はシェアサイクリングの調査や役場へのヒアリングを行いました。僕を含めた残り3人は実際に自転車に乗り町の名所、魅力的な店を発見し、地図を作るという作業をやりました。

最終プレゼンでは3チームの中で最も高い評価をいただくことができました。しかし、これは武者修行プログラムではありません。つまり、これで企画が残ることが決まったわけではないのです。

そもそも、このプログラムのゴールはビジネスを実践することでも企画を残すことでもない。誰かのために頑張ることで自分のやりたいことを見つける、というのが目的です。だから、企画を考えプレゼンするという過程の中で、那智勝浦を好きになることや、地方創生の難しさを知ることや、チームビルディングを改めて学ぶことがゴールであっても全く問題ない。繰り返しになりますが企画を残すことが前提ではないのです。

しかも、外部からやってきて1週間足らずしか滞在しない大学生が提案したことがそのまま受け入れられる、なんてことはまずあり得ません。それは当初から薄々感じていましたが、町の方へのヒアリングではっきりしたことです。

それでもなお、僕は企画を提案するだけで終わりたくなかった。僕の場合はすでに北海道で何らかの形で地方創生を経験、実践しているわけです。提案して終わり、では参加する意義を僕は感じられなかった。今回だけで企画が残るわけないんだから、今後も継続的にこの町に関わって初めて意義があるのだと。

だから当初から運営に続編をやるつもりはあるのか、ぜひ今後も那智勝浦に来たいと思いをぶつけてきました。その思いが通じ(?)、8月中旬に第2回那智勝浦ワクワクプロジェクトが開催されることが決定しました!

札幌在住の僕が8月までにどこまでこの町に関われるのか 未知数ですが、少なくとも再訪することは決まりました。運営の方々、ありがとうございます!

 

 おまけ 写真集(こっちが本編?)

活動初日、大門坂茶屋 『大門坂茶屋』おかみさん日記

を訪れ、着付けの体験を行いました。

f:id:blueskybluenaoto:20180322223434j:plain

衣装はいくつかの色から選べます。JR各社の色くらいは選択肢があり、僕はJR北海道の黄緑色を選びました(適当)

山頂の土産屋で少し聞き取り調査をして下山した後、夜はホテル浦島の温泉に行きました。このホテルの屋上からは那智勝浦の市街地を一望できます!

f:id:blueskybluenaoto:20180325091703j:plain

f:id:blueskybluenaoto:20180325091711j:plain

f:id:blueskybluenaoto:20180325091728j:plain

海と山に囲まれ平地が少ない、和歌山らしい港町。船が見えます。滝も見えます。崖も見えます。そして、本数は少ないですが電車も見えました(^-^)

 

活動2日目以降、サイクリング中に撮った写真はこちら↓(鉄分多めですが・・・)

f:id:blueskybluenaoto:20180325091931j:plain

f:id:blueskybluenaoto:20180325091936j:plain

f:id:blueskybluenaoto:20180325091942j:plain

f:id:blueskybluenaoto:20180325091952j:plain

f:id:blueskybluenaoto:20180325091958j:plain

f:id:blueskybluenaoto:20180325092006j:plain

f:id:blueskybluenaoto:20180325092222j:plain

f:id:blueskybluenaoto:20180325092233j:plain

f:id:blueskybluenaoto:20180325092243j:plain

f:id:blueskybluenaoto:20180325092256j:plain

f:id:blueskybluenaoto:20180325092319j:plain

f:id:blueskybluenaoto:20180325092353j:plain

f:id:blueskybluenaoto:20180325092400j:plain

以上です!