男ウララの旅ぶろぐ

日本の地域の魅力を発信します。

妹背牛ミックスに参加しました!(レセプション、カーリング編)

1/12~1/13に開催された妹背牛ミックス(もせみ)に参加しました。レセプションとカーリングについて振り返ります!

チーム名は「うらたさんとゆかいな仲間たち」で2~4年目のサークル員で組ませていただきました。この大会は年末年始の帰省や成人式と被る時期に開催されることもあり、僕は4年目にして今年が初参加でした。
試合の方は僕が出た試合は1分2敗、僕はドローを指示通り投げられず大ショート連発でした、ごめんなさい(-_-;)

しかし僕がリザーブだった最終戦は、度胸のある後輩スキップの活躍で勝利し有終の美をかざりました。


さてさて、この大会の面白いところは1日目夜のレセプションです。ホテルに出てくるような立派な食事とビールを食べるのみならず、早食い競争とビンゴ大会がありました。早食いではシフォンケーキで多数チームが水分不足で終焉していました。僕が食べたどら焼き
はとても美味でしたよ(*^^*)

ビンゴ大会はチームとしてはなかなかの結果でした。米が1人、ユニフォーム1人、100均グッズが3人(うち浦田1名)でした。

f:id:blueskybluenaoto:20190114114015j:plain

中にはカニもあったようですが、僕らは車がないので、他のチームが当選してホッとしました。うっかり当たってしまうと人力型JR貨物になってしまいますからねー(;^ω^)

 

景品の大部分は妹背牛の米でした。妹背牛は米の産地で夏に来ると一面に田んぼが広がります。妹背牛カーリング協会員には農家も多いそうで、たくさんの米を提供していただきました。町長の言葉からも、妹背牛の特産品である米とカーリングへの熱い想いが感じられました。


僕は北大カーリングサークル以外に、「いなかっぺ」という田舎、農村へ行って農家や地域の方と活動するサークルに入っていて、イベントのお手伝いの後の飲み会、打ち上げで農村ならではの人と人の距離の近さ、暖かさを感じてきました。今回のレセプションでも協会や町のリーダーが自らビールをもってテーブルへ行きたくさんの選手と話をしてまわるなど、距離の近さを感じることができました。


2日目は予選敗退チームの選手を対象に、米をかけた個人戦米ドローが行われました。(ちなみに稚内で開催されるノシャップ杯ではカニをかけたカニドローが行われますので興味ある方はぜひ)
気になるその結果は・・・

なんと!中心からわずか4cmにつけ全体2位に!米10kg獲得しました!(^^)!

申し訳程度のスイープが結果オーライでした(試合ではもう少し腰を低くし力をこめているつもりです・・・)
僕は食事が出る学生会館に住んでいるため自分でご飯を炊くことはありません。よって、今度の「いなかっぺ」の活動に持っていこうと思います。


帰宅編もお楽しみに!